シーズン途中に指揮官交代を決断し、アントニオ・コンテ監督を招聘したトッテナム。そのなかで厳しい立場に置かれているが、タングイ・エンドンベレだ。

2019年にクラブ史上最高額となる5500万ポンド(86億円)で加入したものの、いまだに一貫性を見せられていない。

FAカップでは交代時の態度でブーイングを浴びると、チェルシーとのカラバオカップではメンバーから除外された。

『fooball.london』や『Daily Mail』によれば、エンドンベレはトップチームの練習から除外され、個人での練習を余儀なくされているとのこと。

アントニオ・コンテ(トッテナム監督)

「(試合メンバーからの除外は)

テクニカルな決定だが、それを下す前にはクラブと相談する必要がある。

クラブにはラインがあり、私はそれに従わなくてはならない。

(彼はトッテナムで終わったのか)

現時点で彼はトッテナムの選手だ。多くの監督が彼のポジションに苦慮しているのを見てきた。

タングイにクオリティがあるのは確かだが、彼はチームを理解しなければいけないし、そのなかでプレーしなければならない。

規律を守り、そのポジションで求められることをやることが重要だ。

我々はタングイとともに懸命に取り組んでいる。

彼は他の選手よりももっと働かなくてはいけない。彼にはいくらかの才能はあるが、その才能をチームにもたらさなければならないからだ。

ひとりの選手のためにではなく、チームのためにね」

才能を評価しつつ、規律をもちながら、チームのなかでプレーする重要性を説いていたようだ。

【動画】このまま消えるのか…大器エンドンベレ、スパーズでの超絶ゴール

エンドンベレは今冬での放出も噂されているが、果たして。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら