プレミアリーグ第22節、マンチェスター・ユナイテッドは敵地でのアストン・ヴィラ戦に2-2で引き分けた。

後半30分すぎまで2点をリードするも、途中出場から1ゴール1アシストと爆発したフィリペ・コウチーニョの活躍によって、勝点2を失うことに。

この試合ではクリスティアーノ・ロナウドがメンバー外となったほか、ハリー・マグワイアもベンチスタートになった。ラングニック監督は『MUTV』でその理由をこう説明していたそう。

ラルフ・ラングニック(マンチュスター・ユナイテッド監督)

「クリスティアーノについては残念だが、また同じ問題だ。股関節屈筋のね。

彼は昨日の練習ができなかった。トレーニングの前後に彼と話をした。

練習後、彼が完全にフィットしていないなら、遠征しても意味はないと判断した。

ホームで治療するほうが理にかなっている。彼が水曜のブレントフォード戦に起用できることを願う」

「マグワイアは2,3週間ほど離脱していた。

今は何の問題もないが、FAカップでプレーしたCB2人(リンデレフとヴァラン)をそのまま使うことにした」

ロナウドは股関節にまだ問題があるために、この試合でもメンバー外になったとのこと。

【動画】大復活コウチーニョ、ユナイテッドを絶望させた電撃ゴールシーン

マグワイアは負傷明けという状態を考慮したようだ。