22日、カタールワールドカップ・アフリカ3次予選の組み合わせ抽選会がカメルーンのドゥアラで行われた。

アフリカ予選は2次ラウンドまで終了。3次予選はいわゆる最終予選で、勝ち残った10チームがポット1とポット2に分けられ、ホーム&アウェイで対戦。勝利した5チームがワールドカップへの出場権を手にする。

注目の対戦カードは以下の通りとなった(※右側がポット1)。

  • エジプト vs セネガル
  • カメルーン vs アルジェリア
  • ガーナ vs ナイジェリア
  • コンゴ民主共和国 vs モロッコ
  • マリ vs チュニジア

最初に決まったカードはなんとエジプト対セネガル。会場がざわつき、一部からは拍手も飛んだ。

それもそのはず、両者は2つのポットでいずれも最上位のチーム。ともにリヴァプールに所属するモハメド・サラーとサディオ・マネの対決であり、他の8チームにとっては“最高の組み合わせ”といえるだろう。

これによりサラーとマネ、どちらかが予選で敗退することになった。

2次予選を唯一全勝したヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いるモロッコは、コンゴ民主共和国(DRコンゴ)と対戦。ポット2最下位を相手にチームは2大会連続6度目のワールドカップ出場を目指す。

【関連記事】才能の宝庫!アフリカ杯参加の「最強若手」TOP8

アフリカ3次予選は、3月のインターナショナルマッチウィークに行われる予定となっている。