レアル・マドリーでの契約最終年を迎えているギャレス・ベイル。32歳になった彼は今季も怪我に苦しみ、これまで3試合にしか出場できていない。

ただ、すでにベンチには戻っており、ピッチに復帰する日もそう遠くないはず。

そうしたなか、『El Chiringuito』が驚くべき情報を伝えている。

ベイルはアントニオ・ピントゥスコーチがこの1月に行ったフィジカルテストを“破壊”したという。

彼はレアルの体力テストで毎年トップの成績を収めており、スピードや持久力で彼の数値に達することができる選手は誰もいないそう。

【動画】フィジカルモンスター!ベイル、宿敵バルサを壊した超人ゴール

何人かのレアル選手は「ベイルは葉巻を吸いながら、微塵も苦しむことなく、俺たちを打ち負かした」と脱帽しているとか。