2月5日で37歳になったクリスティアーノ・ロナウド。

ストイックに自らを鍛え抜き、ポルトガル代表では史上最多となる115ゴール、プロ通算では900以上のゴールを奪ってきた。

そんな彼が最も多くの敗戦を喫したライバルを調べてみたところ、上位は全員バルセロナでプレーした選手だった。

6位タイ ペドロ

6位タイ ペドロ

11敗(24試合でロナウドの6勝7分11敗)

34歳になった元スペイン代表FW。ウィングストライカーとしてバルセロナで活躍した彼は現在ラツィオに所属している。

ロナウドとは代表戦でも2度対戦したほか、ローマvsユヴェントスという顔合わせでセリエAでも対決した(ロナウドの2発で2-2の引き分け)。