渋谷を拠点とするサッカークラブ、SHIBUYA CITY FCとキットサプライヤーのSoccerJunky((株)1009)は1月、2022年シーズンの新ユニフォームを発表した。

将来的なJリーグ参加を目指し、2022年は東京都社会人サッカーリーグ1部を戦うSHIBUYA CITY FC。1月には元日本代表でサッカー解説者の戸田和幸氏がテクニカルダイレクター兼コーチに就任し、大きな注目を集めている。

Shibuya City FC 2022 SoccerJunky Home

新ユニフォームのコンセプトは“LOOP NEW-OLD”。クラブに関わる全員の主体性、チームの一体感、他者へのリスペクトを表現するスクランブルパターンをベースに採用。馴染みあるチェックをアップデートして裾に配し、変化を求め続けるバイタリティと芯を通す強い意志を込めたものとなっている。

各部スポンサーは現時点で、胸に「Queue」、背中上に「OHCHU」、背中下に「VALX」、パンツ前面に「FUSION」が決定している。

この新ユニフォームは、SHIBUYA CITYトークン・第2回ファンディングにおける「個人スポンサープラン」のリターンとして先行販売される。詳細はSHIBUYA CITY FC公式ウェブサイトまで。

【関連記事】Jリーグ 2022シーズン新ユニフォームまとめ(J1・J2・J3)

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名