26日に行われたJ1リーグ第2節、セレッソ大阪対京都サンガF.C.の試合は1-1の引き分けで終了した。

J1昇格初年度ながら、ルヴァンカップも含めて3試合で1勝2分けと負けがない京都。その原動力となっているのは間違いなく守備陣の硬さで、中でも目立っているのがGK上福元直人の活躍だ。

【動画】乾貴士のシュートを上福元直人がビッグセーブ!

ありとあらゆるシュートをはじき出すパフォーマンスにより、「”神”福元」とも呼ばれるほどの評価を受けている。

この試合でも数多くのスーパーセーブを見せた上福元は、今のチームの良さについて以下のように話していた。

上福元直人

「相手に押し込まれる時間帯もあって、本当に足が動かなくなるような状況もあったと思うんです。

そういう時でも、ただラインを上げてドーンと蹴ってセカンドボールを拾うということではなく。

相手が攻撃に出てきている分疲弊していたところもあったので、そういった隙も生かして、踏ん張ってボールを大事に繋いで、ゴール前にまで侵入していく。

そのようなシーンが何度も出せていましたし、それが本当に良かった点です。それを数字に繋げていくことが求められてきますが、やろうとしたことは間違いではなかったと思います。

(硬さを見せているディフェンス陣について)

いろいろな相手の攻撃、色々なパターンに対応することができる選手が多いと思います。

ポジショニングの部分、そして相手との1対1の部分、そういったところでも決して見劣りしない…というよりも、自分たちのほうが強さを見せるシーンも何度もありました。

見ていてとても頼もしいですし、だからこそ僕の判断が決まりやすい。守備のクオリティが高い選手が多いので、やりやすさがあります。

そこでしっかりと連携して付け入る隙を与えないというところに繋げていければ、簡単に失点をすることはない。そのような積み上げを全員でやっていけたらと思います」