プレミアリーグ第27節、マンチェスター・ユナイテッドはホームにワトフォードを迎え撃つも、0-0のスコアレスドローに終わった。

ポゼッションは67%、シュートは22本を記録するも、最後までゴールを奪えず。

ユナイテッドがワトフォードとのホーム&アウェイで勝利できなかったのは、1985-86シーズン以来のことだそう(昨年11月の対戦は4-1でワトフォードが勝利)。

フル出場したクリスティアーノ・ロナウドはシュートがクロスバーに嫌われるなど無得点。

前半には味方であるブルーノ・フェルナンデスのシュートをブロックしてしまうシーンもあり、フェルナンデスは思わず頭を抱えていた。

海外ファンたちは「なんてセーブだ…」、「(ロナウドに当たれなければ)きっと入っていたはず」、「いや、たぶんゴールの枠外だった。シュートがそれたせいで当たっただけ」、「ブルーノもチャンスを外しまくっていたけどな」などと反応していた。

【動画】決定機喪失…ブルーノ、ロナウドのパスをミスった問題シーン

試合後、ラルフ・ラングニック監督はこう述べている。

「得点以外は全てをやった。この結果は受け入れがたい。

あれだけチャンスをミスれば、試合の勝つのは難しい。

今日よりも多くのチャンスを作ることはできない。ゴール前でもっと抜け目なくやる必要がある。

とても不満が溜まる午後になってしまった。

あれだけ多くの明確なチャンスがあったら、『最低でも1、2点はとれる』と言えるが、そうならなかった」

「(ロナウドがポストに嫌われたシーン)

チャンスはあれだけではなかった。

前半に5度の決定機があったし、後半にも3,4回はあった。今日は勝つためのチャンスは十分あった。

ポストを叩くなどアンラッキーでもあったが、GKとの1vs1が何度かあった。

これは運ではなく、ゴール前での抜け目なさや効率の問題だ」

一方、元ユナイテッドでもあるワトフォードGKベン・フォスターはかつての本拠地でクリーンシートを達成。オールド・トラッフォードでの史上最年長完封になった(38歳と329日)。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら