スポーツ界にも大きな影響を与えているロシアのウクライナ侵攻。

プレミアリーグではウクライナへの連帯を示しているが、グアルディオラ監督の発言がこんな話題になっている。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「大事なことではあるが、結局は単なるジェスチャーに過ぎない。

世界中が個人で、そして、集団で何かをする。

政治家はこういうことを避けうる。そうするのは、彼らが完全に失敗しているからだ。彼らがそういうことをできないからだ。 罪なき人々が苦しんでいる一方でそういうことが起きる。

国旗のためでも領土のためでもない。

罪なき人々を買収することはできないシリア、パレスチナ、ユーゴスラビアでそういうことが起きた。

金が絡まなければ、戦争は起きない。それでも起きる。

戦争が起きて、8,9日になる。

NATOや欧州諸国は失敗だ、完全な出来損ないだ」

政治家たちにはジェスチャー以上のことができるはずだが、それをしていないということだろうか。

【動画】ジンチェンコが泣いたウクライナ支援シーン

また、ウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコについては、こう述べている。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「戦争が続く限りは悪化し続けていくのが心配だ。

彼は祖国でのプロジェクトに深く関わっている。

誰は誰よりもよく知っているし、現地に家族もいる。

状況は悪くなっている、それが8,9日間にもなっている。残念ながら、もっと長くなりそうだ」