現在、日本人選手4人が所属するセルティック。

2005~2009年までプレーした中村俊輔は、145試合で31ゴールを決めるなどクラブの英雄になった。

セルティックでともにプレーした元スコットランド代表MFポール・ハートリーも「一緒にプレーした選手のなかで最高」と誉めちぎっている。彼は『Open Goal』でこう話していたそう。

ポール・ハートリー(元セルティックMF)

「中村は一緒にプレーしたなかで最高の選手だった。それには微塵の疑いもない。

滑らかに動いたが、それは彼がその準備をしていたからだ。

試合後、1時間半から2時間ほどはジムにいたよ。

フリーキック(練習?)では、通訳と一緒に来て、ボールはヒューと音を立てて彼を越えていった。

あのボールタッチと準備、でも、彼は何マイルも走り抜くこともできた。

月曜に全てのスタッツが判明するのだが、中村は全ての試合で13kmも走っていたんだ。平均は11kmほどなのにね」

フリーキックとプロ意識だけでなく、走行距離の数値でも度肝を抜かれていたとか。

【動画】これで納得!中村俊輔、セルティック時代の神ゴールまとめ

そういったことから、一緒にプレーしたなかで誰よりも凄い選手だったと感じているようだ。