プレミアリーグ第29節、リヴァプールは敵地でのブライトン戦に0-2で勝利した。

一方、5連敗となったブライトンには痛いアクシデントも発生。

古巣対戦となったアダム・ララーナが後半頭から投入されるも、出場わずか6分で負傷交代を余儀なくされたのだ。

Optaによれば、ララーナはプレミアリーグにおいて、途中投入からの途中交代が最も多い選手になってしまったそう(キース・ギレスピーと並ぶ通算4回)。

多くの怪我に苦しんできた彼は昨年10月のリヴァプール戦でも負傷交代になっている。

【動画】クロップがいい人すぎる!ララーナとの感動的再会ハグシーン

試合前にララーナと再会のハグをしていたユルゲン・クロップ監督は、ハムストリングを負傷して交代になった後も励ますために背中を触っていたそう。