24日に行われたワールドカップ・アジア最終予選の第9節で、日本代表はオーストラリアに2-0と勝利を収めた。

0-0のままで終了間際まで進んだが、途中出場の三笘薫が89分に先制点を奪取。さらにアディショナルタイムにも三笘薫が独力で意表を突いた突破からシュートを叩き込む。

【動画】山根視来、守田英正、そして三笘薫!フロンターレラインで奪った決勝点

これによって試合は2-0で終了。日本代表はこれでワールドカップ2022の出場権を獲得することに成功した。

守田英正

「フィールドでのウォーミングアップのときに、自分と田中碧で相手の位置を良く見ながらポジショニングを取って、上手くボールが回るように工夫しました。

ワールドカップに出場できたことは率直に嬉しいです。最後10分でヒーローが一人に絞られてしまったんですけど、今日出場しなかった選手もヒーローだと思います。

出鼻をくじかれた中で、下を向かずに全員で上手くやって来られたなと思います。本当に嬉しいです。

前日の練習では上手くボールが回らず、守備側の方がボールをカットするという状況が続いてしまっていました。

それで試合前に碧と相談して、どういった回し方をするかというのを話しました。

前半はあまりうまく行かなかった部分も多かったんですけど、後半は落ち着いて相手を見ながらパスを回せました。

あまりリスクを背負いたくはない試合ではあったんですが、相手が嫌がっていたことは見て取れたので、自信を持って後ろからつなぐことを意識していました。

(先制点の場面は?)

あのタイミングでボールが入ってくるのは、目が合ったのでわかりました。あとは少しパスが流れてしまったんですが、最後は薫(三笘薫)が詰めるところまでなんとなく予測できました。

ほんと、上手く絵が共有できてよかったなと思います」