アルジェリアサッカー連盟は31日、「ワールドカップアフリカ予選のプレーオフを再び行うよう要請した」と発表した。

火曜日に行われたアフリカ予選プレーオフの2ndレグで、アルジェリアはカメルーンを相手に1-2と敗戦。2試合合計2-2であったが、アウェイゴールの差で予選敗退となった。

【動画】アルジェリアが120+4分までワールドカップ出場に近づいていたが、最後に逆転を許した

その中で、アルジェリア代表のFWイスラム・スリマニが2回ゴールを認められなかった場面があった。

後半ではオフサイドの判定によって、延長前半8分ではVARのオンフィールドレビューによるハンドの判定で得点にはならなかった。

そして延長後半アディショナルタイム4分という試合終了ギリギリの段階で失点し、最後の最後でカメルーンに屈するという内容だった。

アルジェリアサッカー連盟の会長シャラフ=エディーヌ・アマラ氏は、この責任を取る形で辞任を発表している。

アルジェリアはこの試合において「スキャンダラスなジャッジによって結果が歪められた」として、今回FIFAに予選プレーオフのやり直しを要請したようだ。