チャビ監督のもとで復活に向けて歩み出したバルセロナ。

冬に行った前線の補強は大当たりとなったが、来季もアタッカー陣を強化する可能性がある。

かつてバルサの10番として大活躍したロナウジーニョはあるブラジル人選手を推しているようだ。『SPORT』のアルベルト・ロヘ氏によれば、彼はこんな話をしていたそう。

ロナウジーニョ

「是非ともラフィーニャにはバルサに行って欲しいね。すごくフィットすると思う。

彼をよく知っているけれど、クオリティに溢れているよ」

ロナウジーニョがバルサに推薦していたのは、リーズで10番を背負うブラジル代表FWラフィーニャ。彼は25歳のレフティアタッカーだ。

【動画】ロナウジーニョも推す!ラフィーニャ、ネイマールへの絶品スルーパス

リーズとの契約は2024年まであるが、チームが降格した場合には契約解除料が大幅に下がる可能性があり、バルサが獲得を狙っていると伝えられている。