かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元フランス代表DFパトリス・エヴラ。

『Daily Mail』によれば、彼はポッドキャスト配信でこんな話をしていたそう。

パトリス・エヴラ

「ゲイのサッカー選手にはなれないかのようだ。みんな発狂する。

ウェストハムでプレーしていた頃、イングランドサッカー協会の人間がやってきて、『あらゆる人間を受け入れる必要がある』という話をした(包括性についての講演)。

だが、多くの選手が『嫌だね。もしチームメイトにゲイがいるなら、今すぐ退団しろ。一緒にシャワーを浴びたくない』って感じだった。

自分は立ち上がって、『黙れ、全員黙れ。自分が何を言ってるか分かってるのか』と言ったよ」

エヴラはゲイのチームメイトがいたことを明らかにしているが、彼らは反発を恐れて公にできなかったという。

【関連】日本人選手が2人!「プレミア史上最高の“マイナー国”助っ人10人」

そのうえで、エヴラはカミングアウトする選手がいるなら、全力で守るとも話していたそう。