失望のシーズンとなってしまったマンチェスター・ユナイテッド。来季はエリク・テンハフ新監督のもとで新たなスタートを切る。

そうしたなか、ラルフ・ラングニック監督の発言が話題になっている。1月にFW陣の補強を希望していたものの、首脳陣から断られてしまったという。

ラルフ・ラングニック(マンチェスター・ユナイテッド暫定監督)

「首脳陣からの答えは『ノー』だった。

今はリヴァプールにいるルイス・ディアス、夏にマンチェスター・シティに加入するフリアン・アルバレス、そして、当時はフィオレンティーナにいたドゥシャン・ヴラホヴィッチもだ」

この冬にリヴァプールが獲得したルイス・ディアス、ユヴェントスが獲得したヴラホヴィッチ、そして、シティが獲得したアルバレスらの獲得を狙っていたものの、上層部から断られてしまったとか。

【動画】爆発のルイス・ディアス、ユナイテッドを粉砕した電光石火ゴール

リヴァプールで圧巻の活躍を見せているディアスは、先日のユナイテッド戦でもゴールを決めている。ラングニック監督としては悔やんでも悔やみきれない思いがあるのかもしれない。