来季から5人交代枠が正式採用されるようにサッカー界では毎年ルールが微修正されている。

現在、欧州で行われているユーストーナメント「UEFA development tournament」では、シンビンが実験的に採用されているようだ。

ラグビーでお馴染みのシンビンは、反則があった選手を一時的に退場させるもの。U-16イタリア対U-16ベルギー戦で、そのシンビンが適応された。

イタリアFWマルコ・ロマーノは後半43分にボックス内でPKを貰おうとして倒れるもダイブの判定。

イタリアサッカー連盟によれば、主審はシミュレーションだとして8分間の退場を命じたとのこと。

本人はその判定に戸惑っていたが、ピッチ外に出ると黄色のビブスを着させられていた。

試合終了間際だったため、イタリアは10人の数的不利のままで戦うことになったようだ。イタリアは(延長戦なしの?)PK戦の末に敗れたというが、そのPK戦でロマーノがどういう扱いになったのかは不明。

【関連】サッカー界の「謎の禁止命令」10選

また、マルタ対サンマリノのU-16戦でも、戦術的ファウルをした選手がシンビン(ホワイトカード)で8分間の一時退場になる場面があったとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」