UEFAは2024-25シーズンから採用する欧州コンペティションの新フォーマットを承認した。

チャンピオンズリーグは出場チーム数が32から36に増える。ただ、これまで検討されていた案はいくつか修正されている。

過去の成績だけを基準にして出場権を与えるというビッグクラブを救済するような提案は却下。また、グループリーグの試合数を6から10に増やすという当初の計画も修正され、最終的には8試合になった。

気になるのは増える4つの枠の割り当てだ。

まず2枠は前シーズンの欧州コンペティションでの成績がよかったクラブが属する2か国のリーグに与えられる(今季ならイングランドとオランダが追加で1枠ずつ増加)。

もう1枠はUEFAランキング5位の国のリーグ戦で3位になったチームに与えられる(現在は予選3回戦から出場)。

もう1枠は「Champions Path」予選を勝ち抜いたクラブに与える本戦出場枠を4から5に増やす。

では、出場数が増えるCLはどう変わるのか。

現状では4チームが8グループに分かれて、ホーム&アウェイでグループステージ6試合を戦う。そして、各グループの上位2位が決勝トーナメントに進む。

新フォーマットでは、まず全チームを含めた1つのリーグ表ができる。各クラブは異なる相手との8試合をホーム4試合、アウェイ4試合で戦う。

そのなかで上位8チームが決勝トーナメントにストレートイン。9位から24位のチームはプレーオフ(2ndレグ制)でベスト16入りを目指す。

【関連】「CL優勝を一度も経験していない9人の世界的現役スター選手」

ヨーロッパリーグとカンファレンスリーグも出場数は36チームに増加し、同様の変更が適用される(ELはリーグ戦8試合、UECLは6試合に)。