今季4冠達成の可能性があるリヴァプール。

9人ものメンバーを入れ替えたプレミアリーグ第37節サウサンプトン戦に1-2で勝利した。敵地で先制されるも、南野拓実とジョエル・マティプのゴールで逆転している(動画3分50秒から)。

試合後、ジェームズ・ミルナーはこう述べていた。

ジェームズ・ミルナー

「この選手たちは信じられないくらいすごい。

あまりプレーしていないかもしれないが、日々のトレーニングで彼らのレベルを見ているし、ステップアップが必要な時にもそれを見てとれる。

特別な選手たちのグループ、特別なフットボールクラブだ。俺たちは最後まで闘うし、やり続ける。

全選手がどれほど準備が整っているか、メンタル的に準備ができているかを示すものだった。

特別なことだし、それはトップにいる監督から始まるものだ」

かねてから、南野の取り組みを評価してきたミルナー。プレー機会が少ない控え選手たちも高いレベルにあると賞賛していた。

なお、この日のミルナーはアンカーで先発した後、ジョー・ゴメスの負傷を受けて、右サイドバックとしてプレーしている。

【動画】南野のイケメン爆発!試合前のウインクシーン

また、キャプテンのジョーダン・ヘンダーソンもこう述べている。

ジョーダン・ヘンダーソン

「難しい試合になることは分かっていたよ。多くの変更があったが、選手たちは素晴らしかった。

最後まであきらめずにやり続け、その報いを受けた。

今季の僕らは本当にうまくやってきた。あまりプレーしていない選手たちがチャンスを掴む。

プレミアリーグのシーズンは選手全員が必要なんだ。自分たちはそれに慣れている。

全ての試合が決勝戦だからね。それは普通さ。

CL決勝が終わったら、全員でお祝いしたり、リラックスできる」

シーズンを戦い抜くためには控え選手の貢献も必要だったとのこと。

クロップ監督も「アンビリーバブルだ。9人も変更して、このパフォーマンスをやるのは並外れている」とこの日のプレーを賞賛していた。