白熱の展開となったプレミアリーグ最終節。

マンチェスター・シティはアストン・ヴィラに2点を先行され、一時は優勝が絶望的になった。だが、後半31分からの5分間で3ゴールを奪って怒涛の逆転。3-2で勝利し、劇的な形で優勝を決めた。

試合後、グアルディオラ監督は冗談交じりにこう述べていた。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「レアル・マドリーに電話して、いいアドバイスを貰ったのさ!

マドリーの時も説明はできない、今日も説明できない。勢いさ。

こういう状況を生きるのがいい時もある。

これで来シーズンはより強くなれる気がしているよ。

少し時間が必要かもしれないが、5年で4度のプレミアリーグ優勝は自分たちのキャリアで最高の成果だと実感している。信じられないことさ」

シティはレアルとのCL準決勝で終了間際にまさかの連続失点を喫して敗退。

【動画】ガッツポーズしまくり!ペップ、優勝後のドヤ顔シーン

今回はその逆になった形だが、ペップはレアルからアドバイスを受けていたとジョークを飛ばしていた。