ブラジルとの国際親善試合に0-1で敗れた日本代表。

守備では一定の成果を残したが、ゴールに迫るシーンは少なく、選手たちは差を実感したようだ。

恒例のTeam Camで、鎌田大地と遠藤航がブラジル戦を振り返った。

遠藤は普段プレーしているブンデスリーガと比べて、インテンシティ自体がそれほど高かったわけではないと指摘。ただ、「ブラジルのほうがはっきりと守るところは守る」、「最後は前で4枚が張って、そこでゴールを獲る。ブラジルの良さを彼らが一番分かっているという感覚があった」とも述べていた。

また、鎌田はブラジルの“前線カルテット”についてこんな話をしていた。

鎌田大地

「あんな戦術してこないですもんね。だって、4枚が横並びしてましたから、前で。

だから、よくあれでボールもつなげるし、本当に個がすごんだろうなと思いました。

割とああいうビッグプレイヤーって(クラブ)チームとかだと守備サボるじゃないですか。

国を背負っているからなのか、あんなちゃんと守備するんだなって感じました。

(遠藤が『ヴィニシウスは結構頑張るでしょ、クラブで』と言うと)

でも、ネイマールとかもちゃんと守備してたし…。

あのやり方だったら、もうちょっと中盤が空いて、結構前に進めそうだと思っていたけど、割とちゃんとコンパクトに絞られて、やっぱこれが世界1位なんだなと思いました」

日本戦のブラジルはFWを先発起用せず、前線にネイマール、ルーカス・パケタ、ヴィニシウス・ジュニオール、ラフィーニャの4人を配置。

ブラジルメディアも「前歴なきカルテット」と伝えていた。

【動画】これが世界一…ネイマール、日本戦でやった神トラップシーン

鎌田はその配置とネイマールも含めてちゃんと守備をしていたことに驚いたようだ。