インターナショナルマッチ4連戦を戦っている日本代表。4-1で勝利した先日のガーナ戦の裏側がTeam Camで公開されている。

先制ゴールを決めた山根視来だが、前半終盤に痛恨のパスミスから失点を招いてしまった。

その直後、ベンチで立ち上がってチームを鼓舞していたのはあの2人だった(動画10分50秒から)。

長友佑都と原口元気のベテラン2人!原口は「大丈夫だ(?)やろう、やろう」と声を出しており、長友は何か怒号を発していた。

【関連】日本代表、2022年にピークを迎えていなければならなかった10名

この日は出番のなかった2人だが、日本代表とワールドカップにかける思いは非常に強い。それが窺えるようなシーンでもあった。