7大会連続でのワールドカップ出場を決めた日本代表。

代表選手たちが対談形式でワールドカップを語るTeam Camの特別編が公開されている。今回はドイツのクラブでプレーする鎌田大地と遠藤航が登場。

日本とドイツはワールドカップで対戦することになったが、浅野拓磨の発言がドイツ国内で話題になっていたという(動画7分23秒から)。

浅野も同じくドイツでプレーしているが、「ドイツ代表のハンジ・フリック監督を知っているか」とインタビュアーに英語で聞かれたそう。

「Hansi Flick」という言葉が聞き取れなかった浅野は「Was ist das?」とドイツ語で返答。

遠藤は、「Was ist dasって(英語だと)what is itだから、『なんだよ、それ』みたいなことで。人とも認識せずに、『ハンジ・フリック、なんだそれ』みたいな感じで言ってて。それでドイツ国内がちょっとザワついて(笑)。浅野はハンジ・フリックを知らないみたいな(笑)」と説明。

【関連】W杯で対戦!日本人の“味方”だった現ドイツ代表のスター選手たち

鎌田も「めちゃくちゃバズってましたよ(笑)。あれマジでクソおもろかったですよ。なんだ、この日本人はみたいな」と話しており、ドイツでは「流行語大賞」並に取り上げられていたようだ。