近年の欧州サッカー界では試合数の多さが問題になってきた。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督やマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督らは、選手たちのことを考えていないと試合数の増加を批判している。

【関連】プレミアリーグで最も高い月収を稼ぐスター選手とその金額

そうしたなか、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長の発言が話題になっている。『Gazzetta dello Sport』のインタビューでこう述べたそう。

アレクサンデル・チェフェリン(UEFA会長)

「いつもFIFAやUEFAを攻撃してればいいのは楽だが、話は単純だ。

プレーが減れば、給料も減る。不満を言うべきなのは、月給1000ユーロ(14万円)の工場労働者たちだ」

海外のファンたちは「俺も月給1000ユーロ稼げたらな」、「自分の国では1000ユーロ稼げるのは銀行員だけ」などとも反応している。