かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたことで知られるFWドワイト・ヨークの兄が、トリニダード・トバゴで死去したようだ。

ドワイト・ヨークの兄であるガース・ヨークは今年54歳になっていたという。

トリニダード・トバゴの故郷でソーシャルワーカーとして仕事をしていたものの、火曜日の午前7時45分に死亡している状態で発見されたようだ。

発見者は兄弟の一人である元クリケット選手のクリントで、現場には荒らされた形跡はなく、ガースの身体にも暴行を受けた兆候もないそう。

そのため、警察はガースが自ら命を絶ったのではないかと考えているとのことだ。

『The SUN』によれば、近所の人々は「ガースは穏やかで、親切で、陽気な人物だった。彼の死には地域全体がショックを受けているよ」と語っていたそうだ。

ドワイト・ヨークは2009年にサンダーランドで引退後解説者として活動していたが、今夏オーストラリア・AリーグのマッカーサーFCの監督に就任したことが発表されている。

【写真】本田も続け!オーストラリアでインパクトを残した日本人選手たち

彼にとっては自身初めての監督業とあってメディアには強い意気込みを語っていたものの、開幕を前にして悲しいニュースを受け取ることになったようだ。