10年ぶりに日本代表に復帰した宮市亮。だが、日韓戦で相手DFキム・ジンスと接触し、前十字靭帯断裂する大ケガを負ってしまった。

一時は引退もよぎったというが、多くの励ましの声を受けて、プレー続行を決意している。

北海道コンサドーレ札幌MF深井一希も宮市にメッセージを送ったひとりだ。

27歳の彼は若い時に3度もの前十字靭帯断裂に見舞われたが、それを乗り越えて、復活を遂げた選手だ。

その深井は30日に行われた名古屋グランパス戦でゴールを決めた(動画1分41秒から)。

2-2の引き分けとなった試合後に「宮市くんを僕のプレーで励ましたかった。そのために得点を獲りたいと思っていた」などと述べた。

宮市もその発言を知ったようで、「深井選手!面識はありませんが、ニュース拝見しました!ありがとうございます!」との感謝のメッセージを出している。

【関連】宮市に捧げる…靭帯損傷の大ケガから復活した9人のスター

宮市も3度目の靭帯断裂となってしまったが、深井からのエールは励みになるに違いない。