ロベルト・レヴァンドフスキとラフィーニャを獲得し、ウスマヌ・デンベレとも契約更新にこぎ着けたバルセロナ。

その一方でメンフィス・デパイとピエール・オーバメヤングは立場が微妙なものになりつつある。

オーバメヤングにはチェルシー行きが浮上しているが、『Sky』によれば、トーマス・トゥヘル監督も彼の移籍に前向きだという。

指揮官は内部的にはワールドクラスの選手だけを希望しており、いまのチームはあまりに平均的だと批判しているとのこと。

ただ、バルサは控えFWとして彼を保持したがっており、放出したいのはデパイのほうだとされている。

【関連】バルセロナで「1年だけしかプレーしなかった名選手」9名

オーバメヤングはアーセナルのキャプテンを務めた人物だが、かつてのセスク・ファブレガスのように宿敵へ移籍することになるのだろうか。