バルセロナはチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得に近づいているとされる。

同じくチェルシー所属のスペイン人DFセサル・アスピリクエタにもバルサ移籍の話があったが、彼は残留を決断した。

『London Evening Standard』によれば、その理由をこう説明していたという。

「(バルセロナとの)話はあった。クラブのいたるところでね。

クラブW杯で優勝した後、自分は全てのトロフィーを獲得した唯一の選手になった。それでスペインに戻る時だと感じたんだ。

でも、その後、このクラブであらゆることが起きた(クラブ売却)。

自分はコミットメントを続けたくなった。

このクラブと対立することは一切していない。プライベートな会話で全てを話した。

この10年は移籍マーケットの状況に身を置いたことはなかった。

前回はマルセイユにいたし、今回は契約状況も違うものだった。出場試合数で(契約を延長する)条項があったからね。

一時期はフリーエージェントだったが、その後に何が起きたかは誰にも分からない。

沈黙を守ることにした。すでに身の回りが騒がしかったからね。

自分のプレーに集中したかったので、それ以上は悪化させたくなかった。

(2月のクラブW杯が)ターニングポイントだった。

あのトロフィーを勝ちとるために懸命に取り組んだ。その瞬間、違う気持ちになった。

あの時は『Wow、このクラブで全てを勝ちとった』、新しい賞が始まるかもしれないって感じだった」

「本当に興奮している。そうでなければ(サインしていない)。

新オーナーは僕に残留とピッチ内外でチームを牽引することを願っていた。

彼らには大いに感謝している。彼らは初日から誠実で分かりやすかった。我が家に留まる責任を感じていた。

僕らには新しいプロジェクトがあり、新しい選手たちや若手も入ってくる。前を向く準備はできているよ」

クラブW杯で優勝したことで母国帰還に気持ちが傾いたものの、チェルシーが新体制になったことでチームに尽くそうという気持ちが沸いてきたようだ。

【関連】バルセロナがガチで行って振られた9名のスター、そしてその代役

また、チェルシーとの契約が一旦満了して、フリーエージェントになった時期もあったとか。