日本サッカー協会(JFA)は16日、スイス、イタリアと親善試合を行う欧州遠征に向けたU-21日本代表メンバーを発表した。

GK:

12-小久保 玲央ブライアン / Kokubo Leobrian
(ベンフィカ/POR)

1-佐々木 雅士 / Sasaki Masato
(柏レイソル)

23-鈴木 彩艶 / Suzuki Zion
(浦和レッズ)

DF:

21-大畑 歩夢 / Ohara Ayumu
(浦和レッズ)

22-西尾 隆矢 / Nishio Ryuya
(セレッソ大阪)

4-木村 誠二 / Kimura Seiji
(FC東京)

14-加藤 聖 / Kato Hijiri
(V・ファーレン長崎)

5-馬場 晴也 / Baba Seiya
(東京ヴェルディ)

2-半田 陸 / Handa Riku
(モンテディオ山形)

15-畑 大雅 / Hata Taiga
(湘南ベルマーレ)

3-鈴木 海音 / Suzuki Kaito
(栃木SC)

MF:

19-本田 風智 / Honda Fuchi
(サガン鳥栖)

16-松岡 大起 / Matsuoka Daiki
(清水エスパルス)

11-山田 楓喜 / Yamada Fuki
(京都サンガF.C.)

20-佐藤 恵允 / Sato Kein
(明治大)

6-川﨑 颯太 / Kawasaki Sota
(京都サンガF.C.)

19-斉藤 光毅 / Saito Koki
(スパルタ・ロッテルダム/NED)

10-鈴木 唯人 / Suzuki Yuito
(清水エスパルス)

8-藤田 譲瑠チマ / Fujita Joel Chima
(横浜F・マリノス)

7-田中 聡 / Tanaka Satoshi
(コルトライク/BEL)

FW:

9-木村 勇大 / Kimura Yudai
(関西学院大)

17-藤尾 翔太 / Fujio Shota
(徳島ヴォルティス)

13-細谷 真大 / Hosoya Mao
(柏レイソル)

いわゆる「パリ世代」の有力選手たちが順当に招集。16日に発表された21名に続き、18日には大畑歩夢と山田楓喜が追加招集されている。

【関連記事】南野は厳しい…日本代表の森保監督が絶対使うべき「左サイドアタッカー」7名

大岩剛監督率いるU-21日本代表は、22日にU-21スイス、26日にU-21イタリアと対戦する(※スイス戦はスペインのマラガで開催)。