ワールドカップ本番に向けて欧州遠征を行っている日本代表。

フランクフルトでプレーする元代表キャプテンの長谷部誠もドイツで連戦を戦う代表に“合流”している。

JFATVでその際の様子が公開された。盟友である長友佑都が長谷部と再会を果たしたシーンがこちら(動画1分5秒から)。

長谷部の姿を見た長友は「うぉ!?カイザー、どうしたの?カイザー」と驚きつつ歓喜。

「(特別)ゲストも何も、ワールドカップ来るの?」との発言には周りの選手たちも思わず笑ってしまっていた。

長谷部本人は「(代表帯同は)嬉しく思うし、色々話したいし、楽しみ」と話しており、アメリカ戦直前には選手たちに何か言葉を送っていたようだ(カメラは退出)。

【関連】鈴木優磨も…「欧州移籍が”直前で破談”になった日本人まとめ

試合後には現キャプテンの吉田麻也も「ありがとう、キャプテン」というメッセージをドイツ語で送っていた。