多くの日本人選手がプレーするベルギー。

セレッソ大阪からオーステンデに移籍した坂元達裕もそのひとりだ。彼はまだベルギーでゴールは決めていないが、『HLN』によれば、チーム内で重要な立場を担っているという。

坂元達裕

「オーステンデは自分がポテンシャルを発揮するチャンスを与えてくれました。

(ローンだった)昨季はよくやったと思うけれど、いまは確固たるものにしたいですね」

「(セルクル戦での活躍について)

ペナルティエリア内にあまり速く飛び込み過ぎないことを学びました。

練習でボールが出てくる場所や、どう反応するのがベストなのかが予測できるようになるんです。セルクル戦もそうでした。

プロとしての野心も強くなりました。数字は出しませんが、できるだけゴールとアシストをしたいですね。

練習ではチームメイトたちが簡単な英語で話してくれます。彼らが言いたいことは分かるけれど、自分自身のことはうまく表現できないんです。なので、少ない単語で何とかしようとしています。

語学力はもっと高めないといけないですね。頑張ります。

ピッチ上でどこに走ればいいかや、監督の指示は理解しています。ピッチ上ではうまくいっていますよ。

日本から遠く離れていますが、ここでの生活には慣れました。海沿いなので、いつも新鮮な魚が手に入りますし、自分で料理しています。

妻と子供はまだ日本にいますが、できるだけ早くベルギーに呼び寄せたいです。でも、ビザの規則が厳しいので、簡単にはいきません。それでも、取り組んでます。

(最近は日本代表に呼ばれていないが)。

サッカーはそういうものです。オーステンデでもっと自分をアピールしつつ、また日本最高の選手たちの仲間入りしたいですね。

カタールでのW杯?どうなるか見てみましょう」

坂元の献身的な働きはスタッフ、チームメイト、サポーターから高く評価されているそう。

【関連】海外日本人選手、サッカーゲームFIFA23での「能力ランク」がこちら

物腰が柔らかく、常に笑顔で愛想がいい性格をしているため、まだあまり英語がしゃべれないものの、ロッカールーム内では人気者になっているとのこと。