日本代表がドイツを相手に逆転勝利を収めたあと、日本時間午前1時からは同じグループのスペイン対コスタリカが行われた。

力量で上回ると目されていたスペインは、キックオフ直後から圧倒的にボールを支配し、コスタリカを押し込んでいく。

そして開始から11分、スペインが先制点を奪う。ダニ・オルモが繋いだボールをガビがバイタルエリアからふわっと浮かせて前へ。それを再びダニ・オルモが受け、鮮やかなトラップとターンからシュートを決めた。

さらに22分には左サイドからの折り返しをマルコ・アセンシオがワンタッチでシュートに持ち込み、追加点を奪取。あっという間にリードを広げた。

そして29分には細かいパス回しからジョルディ・アルバが裏に飛び出し、ペナルティキックを獲得。フェラン・トーレスがそれを決め、ハーフタイムを前にスコアは3-0となった。

コスタリカはこれ以上傷を広げないよう5バックに変えて守備を固めていたものの、もはや焼け石に水。

勢いに乗ったスペインは、55分にフェラン・トーレスが追加点を奪って4点目。フレッシュな選手を次々と投入しながら攻め込み、74分にはガビが5点目を決めた。

そして90分にはカルロス・ソレル、アディショナルタイムにはアルバロ・モラタがネットを揺らし、終わってみれば7-0という圧倒的なスコアとなっていた。

【写真】スペイン代表に「あの選手がいない」W杯不在の5名のスター

圧巻のパスサッカーを見せたスペインは、コスタリカを全く寄せ付けず。隙のないパフォーマンスで初戦をものにしている。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名