FIFAワールドカップ・カタール大会、ポーランドはサウジアラビアとの第2節に2-0で勝利した。

ロベルト・レヴァンドフスキがW杯初ゴールを決めた一戦では、守護神ヴォイツェフ・シュチェスニもPK阻止でチームのピンチを救っている。その英雄シーンがこれだ。

PKを弾いた直後には至近距離からのシュートも渾身セーブ!

試合後、シュチェスニは『TVP SPORT』でこう話していたそう。

「サウジのPKは見ていた。(先に)GKが動くのをキッカーが待つことは分かっていたよ。

自分は最初に左に動いた。彼は騙されたのさ。クールだね!」

サウジのPKを研究していたそうで、キッカーのサーラム・アル・ドサリを欺くためにわざと左に動いていたようだ。それで相手に右に蹴らせ、まんまとセーブしたというわけ。

【関連】中村俊輔が華麗にゴールを奪った5人の世界的守護神

『Transfermark』によれば、シュチェスニはキャリア通算で25本ものPKを阻止しているそう(PK戦除く)。その阻止率は驚異の29パーセントを誇る。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら