FIFAワールドカップ・カタール2022のグループステージ、日本代表は1勝1分けで第3節を迎えることになった。

その相手となるのはスペイン代表。ドイツには引き分けたものの、コスタリカを相手に7ゴールを叩き込んだことで高い評価を受けているチームだ。

ボールを保持するスタイルを持つスペインと戦うにあたって、日本代表は試合開始から5バックのシステムを使用。ウイングバックに長友と伊東を配置するフォーメーションで臨んだ。

予想されたように序盤からポゼッションは圧倒的にスペイン。日本は相手に持たせながらチャンスを伺うという状況が続く。

日本としてはできるだけゼロの時間を長くしたかったところだが、11分にスペインが試合を動かす。

一度押し込んだところから右で連携し、アスピリクエタがアーリークロス。中央のマークがズレたところでフリーのモラタが頭で合わせ、ゴールに決めた。

ビハインドとなった日本は反撃を狙うも、なかなかうまくボールを奪えずチャンスが少ない状況で前半を終えることになった。

そして後半、ゴールが欲しい日本は堂安&三笘をダブル投入。スタートから激しく攻めていくと、48分には高い位置からのプレッシャーでウナイ・シモンの中途半端なキックを誘う。

それを伊東純也が競ってマイボールとし、堂安律が強烈ミドルでゴールに叩き込む。これで同点に持ち込んだ。

さらに50分すぎ、今度は堂安の折り返しが流れたところを三笘がゴールライン上で折り返し、それを田中碧が押し込む。

VARの判定でラインを割っていたかどうかが確認され、その結果ゴールが認められる。日本は後半スタートの数分で電撃的に仕掛け、ついに逆転に成功した。

そしてこの後、日本は冨安健洋や遠藤航を投入して守備を固め、カウンターを仕掛けながら時間を使っていく。

【写真】日本代表、W杯に出場した「高校サッカー部出身最強ベストイレブン」

そして長い長いアディショナルタイム7分を凌ぎきった日本は、このスペイン戦を2-1で逆転勝利。グループステージ首位で決勝トーナメント進出を決めた。