アルゼンチンの優勝で幕を閉じた2022年のFIFAワールドカップ。2大会ぶりに本大会に戻ってきたオランダは、そのアルゼンチンに敗れてベスト8で散った。

そのオランダ代表は今W杯で選手たちが着用したユニフォームをオークションにかけ、その収益をカタールで働く移民労働者たちに寄付する。

オランダサッカー協会によれば、今大会4試合で着たユニフォームのオークション総額は32.5万ユーロ(4721万円)にもなったとのこと。

同代表はUEFAネーションズリーグでも同じようなやり方で550万ユーロ(800万円)を集めており、合計額は38万ユーロ(5500万円)。その収益は移民労働者の状況改善のために使われるとのこと。

【関連】日本代表の順位がすごい!海外サイトが選ぶ「2022W杯最強ユニフォーム11着」

キャプテンであるフィルヒル・ファンダイクは「我々がカタールの移民労働者の状況改善に貢献できるのはいいこと」と話している。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」