近年のJリーグで強さを見せつけてきた川崎フロンターレ。2017年からチームを率いているのが、鬼木達監督だ。

先日、日本代表のコーチに就任した名波浩氏がそのすごさについて語った。

DAZNの「やべっちスタジアム」に出演した名波氏は、矢部浩之さんから「試合を見ていて、すごいと思った監督はいますか?」と聞かれるとこう話していた。

「やっぱり鬼木かな。

チームビルディングって普通は一個ずつ積み上げていきたいけど、中核がポーンって抜かれた時にはガタガタっていきそうだけど、選手が抜かれたり、助っ人が怪我で長期離脱しても、マネージメント自体が(優れている?)。

本人は踏みとどまっていると感じているんじゃないかと思うんだけど、我々から見るとしっかり筋が通っているから、全然下がブレてないよねっていう」

「人もボールも動くサッカーをして、色々と探りながらやるサッカーで、楽しそうだなと思うんだけど鬼木は楽しそうな顔を一切しない。

『どうだ、俺らのサッカー、楽しいだろ』ってなりそうなのに、ムスッとして、点入ってもそんな(ガッツポーズも)しなくて、すっと次のことを考えて」

川崎は守田英正、三笘薫、田中碧、旗手怜央ら主力が海外に移籍しても、強さを維持してきたが、鬼木監督のブレないマネージメント力が卓越しているとのこと。

元日本代表DF槙野智章も「選手の間でも鬼木さんの評価はめちゃくちゃ高いです。みんな、鬼木さんの下で練習したほうがいいとか、したいとか、見に行きたいとか。みんな、言いますね」と同意。

また、槙野は「川崎のトレーニングでやるパス&コントロール。狭いところで受けてパスを出すっていうのをどのチームもどの選手も川崎があれやってるからって言ってやってます」とも話していた。

【動画】うますぎ!川崎の強さがよく分かる衝撃の「パスコン」

ちなみに、名波氏によれば、現役時代の鬼木監督は「ヤンチャで有名だった」とか。