マンチェスター・ユナイテッドを退団した後、サウジアラビアのアル・ナスルに移籍したクリスティアーノ・ロナウド。

代理人であるジョルジュ・メンデスはバイエルン・ミュンヘンとも交渉していたとされている。

そうしたなか、バイエルンのスポーツディレクターであるハサン・サリハミジッチは、『Bild』でロナウドの件についてこう述べたという。

「ロナウドはバイエルンにはフィットしない、経済的にもスポーツ的にも。

我々の哲学にも、チームの戦術デザインにも合わない。

ロナウドに頼る可能性については話し合った。

しかし、ジョルジュ・メンデスにはっきりと伝えた。我々にとっては実行不可能だと」

バイエルンは大エースだったロベルト・レヴァンドフスキが昨夏にバルセロナに移籍。その代役を探しており、メンデスと話し合いはしたようだ。

【関連】タトゥーを彫っていない世界最強のスター選手11人(2023年版)

ただ、ロナウドはあらゆる面でチームには合わないと獲得から手を引いたとのこと。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら