この冬の多くの日本人選手が海外リーグへの挑戦を選んだ。なかでも、ベルギー、ポルトガル、そして、スコットランドでは日本人選手が多くプレーしている。

特にスコットランドでは、『BBC』が「なぜこんなにも多くの日本人選手がスコットランド1部リーグにやって来るのか」という特集記事を伝えたほどその数が増加。

そうしたなか、『Football Scotland』は「スコットランドクラブが獲得するべきJリーグの宝石5人」という記事を伝えた。

これは、Jリーグのエキスパートであるサム・ロブソン氏がピックアップしたもの。

その人選は、松木 玖生(FC東京)、満田 誠(サンフレッチェ広島)、橘田 健人(川崎フロンターレ)、谷 晃生(ガンバ大阪)、山原 怜音(清水エスパルス)。

【関連】日本代表の希望!2026年W杯で期待したい11人の原石

19歳の松木をはじめとして基本的には20代前半の伸び白のある選手たち。ひとまずは今月から始まるJリーグで各チームでの活躍に期待したい。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら