日本代表をキャプテンとして牽引してきた吉田麻也。今季からシャルケでプレーする彼は、DAZNのFOOTBALL TIMEで盟友である内田篤人と語り合った。

内田が古巣シャルケを訪れた際、写真をおねだりした選手がいたそうで2人はこんなやりとりをしていた。

吉田:あいつ、セルティックにいたのよ。12月くらいから急に出れなくなって…。

内田:あ、そうそうそう。よくない?25番の子。

吉田:めっちゃいいよ。

内田:いいよね。あの選手いいなと…。

吉田:やっと俺、人のことを気にせず自分に集中できるようになった(笑)、あいつが来て。

内田:(笑)体強いしさ、スピードあるし、カバーも。

吉田:変なことしない。だからすごいやりやすい。

内田に写真をおねだりしたのは、DFモーリッツ・イェンツ。190cmの体躯を持つ23歳のセンターバックだ。

ロリアンが保有する彼は今季前半戦をセルティックでプレーしていたが、1月からシャルケにレンタルされた。2人ともその能力を賞賛しており、吉田は新たな相棒を得たおかげでようやく自分のプレーに集中できるようになったとのこと。

【関連】「吉田麻也と同僚だった最強ベストイレブン」が豪華すぎる

また、吉田はシャルケのボランチがボールを受けに来ないことをかねてより嘆いており、田中碧の獲得を熱望していたこともあった。

この冬に加入したコロンビア人MFエデル・アルバレス・バランタはボールを貰いにくるタイプだというが、その彼が起用されなかった試合では苦戦を強いられたそう。シャルケの試合では吉田とイェンツ、そして、ボランチとの関係性にも注目だ。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら