欧州各地で行われているEURO予選。スペインは敵地でのスコットランド戦で0-2とまさかの黒星を喫した。

ポゼッションでは75%と圧倒したものの、ミスからの失点を含めてスコット・マクトミネイの2発に沈んだ。

スコットランドがスペインに勝つのは1984年以来39年ぶりのこと。

そうしたなか、ボランチとして出場したスペイン代表ロドリの試合後インタビューが話題になっている。

こう話していたのだ。

「簡単なゴールを許してしまった。これがサッカーだ、簡単なゴールを許すと痛い目に遭う。

個人的に彼らのやり方は、ちょっとしたゴミクズだ。

常に時間稼ぎをして、挑発して、倒れ込む。あれはサッカーじゃない。

審判が引き受けるべきだったが、彼は何も言わなかった。

今後のために学ぶよ。僕らはデュエルやバトルがしたいし、常にファイトしている。

でも、これはファイトではない。時間稼ぎで、4~5人が倒れ込む。でも、それは僕らではなく審判次第だ」

スコットランドのプレーに不満を抱いていたようだ。

【関連】日本代表vsスペイン代表!イケメン3トップがこちら

ただ、ロドリは「今日は相手がよかった、エネルギーとフィジカルに溢れていた。彼らは僕らのミスを突いた」とも話していたとか。

【5/28更新!】浅野がゴール!海外日本人選手の「最新ゴール動画」まとめ

絶対見逃さないで!久保、三笘ら海外日本人選手の「試合予定」はここでチェック

【動画】クリスティアーノ・ロナウドが決めた!怪物たちの「最新ゴール」