ユリアン・ナーゲルスマンを解任し、トーマス・トゥヘルを新指揮官に据えたバイエルン・ミュンヘン。

指揮官の古巣でもあるドルトムントを4-2で下して、新体制の初陣を白星で飾った。

その一戦でジョアン・カンセロはベンチスタートとなり、後半34分からの途中出場で10分ほどプレーしている。

『Bild』によれば、カンセロは先発起用されなかったことに不満だったそうで、勝利を仲間やファンたちとともに祝うことはせずにロッカールームに直行したという。

【関連】最強バイエルンが苦しんだ『暗黒期ベストイレブン』がこれ

ただ、バイエルンのハサン・サリハミジッチSDは、「試合後は感情が高ぶるものだ。問題ではない。プレーできなかった選手が失望するのは当たり前。カンセロはトッププレイヤーであり、彼はプレータイムを得るはずだ」と擁護していたそう。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★