先日、日本代表は6月のインターナショナルマッチに向けた代表メンバーを発表した。

ポルティモネンセで活躍を続ける中村航輔も代表復帰を果たしている。

『Record』によれば、中村は素晴らしいシーズンを送っており、夏の移籍市場で動きがあるかもしれないとのこと。一方、2025年までの契約を結ぶポルティモネンセは残留を希望しているという。

今季の中村はポルトガル1部リーグ29試合に出場し、6度のクリーンシートを達成。チームは14位と苦しんでいるが、sofascoreのレーティングではリーグのGKとして3位につけるなどそのパフォーマンスは高く評価されている。

【関連記事】なぜ?日本代表の森保監督が頑なに呼ばなくなった5名

6月の代表戦に出場すれば、市場価値も高まるはずだというが、果たして。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名