横浜FCからオランダ1部のNECナイメーヘンへ移籍した小川航基。買取りオプション付きのレンタルという形になった。

小川の入団会見に同席したテクニカルディレクターのカルロス・アールバース氏は、これまでも日本人選手の獲得にかかわってきた人物だ。

2016年~2018年まではフローニンゲンのチーフスカウトを務め、堂安律の獲得を進言。2017年U-20ワールドカップでの堂安の活躍を目の当たりにすると、当時のCEOハンス・ナイラントに獲得を推薦した。

その後、2018年から2022年末まではAZでチーフスカウトを担当し、菅原由勢の獲得にかかわっている。

『VI』によれば、アールバース氏は定期的に日本でのスカウティングを行っており、これまでも日本とのつながりがあったとのこと。

【関連記事】小川航基はやれんのか!欧州に挑戦した「185cm以上」の日本人ストライカー6名

NECのディレクターに就任したのは昨年末だが、Jリーグをチェックしていたようだ。

同氏は「ここ数ヶ月、航基のプレーを注意深く見てきたが、彼は重要な戦力になる。ゴールへの貢献だけでなく、プレー面でもチームに貢献してくれる」と小川に期待を寄せている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名