小川航基と佐野航大が所属しているNECナイメーヘンは、「元オランダ代表FWバス・ドストを獲得した」と公式発表した。

昨季ユトレヒトに所属していたバス・ドストは、怪我に苦しみながらもエールディヴィジで24試合に出場して9ゴールを奪取した長身ストライカー。

かつてはヴォルフスブルク、スポルティングCPなどでエースとして活躍し、2011-12シーズンはエールディヴィジで32ゴールを決めた経験を持っている選手だ。

ただ昨季限りでユトレヒトとの契約が満了になったことでフリーエージェントになっており、この夏は所属クラブのない状態が続いていた。

【関連記事】小川航基も続け!「NECナイメーヘンでメキメキ成長した名選手7名」

もちろん年齢は34歳と大ベテランとなっており、怪我も抱えている状態であるとはいえ、小川航基にとっては強力なライバルが加入したことになる。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名