PSGを退団したセルヒオ・ラモスの新天地は古巣セビージャに決まった。

37歳の彼は実に18年ぶりに古巣に戻ることを決意したが、『Relevo』によれば、こんな話をしていたそう。

「パリに2年残るチャンスもあったが、そうはしなかった。

俺は常に衝動とハートに突き動かされてきた。金のためじゃない。だから、中東にもMLSにも行かなかった。

全てには理由がある。自分にとってはここに戻るのが夢だった。

いまこそ戻る時だった。クラブが微妙な時期にこそ助けることができる。

経済的なものは問題じゃなかった。5秒で解決したからね。

人生には金じゃ買えないものがある。それは常に正しい決断をすることだ。俺の心は故郷に戻ることを求めていた。

セビージャには借りがあった。出来るだけ早くそれを返したかった。

プエルタにもレジェスにも、愛してくれている人達にも借りがある。主役になりたかったし、遠くに行く可能性はなかった。いいタイミングだった」

給与面ではサウジアラビアやMLSのほうがよかったが、心のクラブであるセビージャへの復帰を決断したとのこと。

【関連記事】サウジアラビアが「最も高い移籍金を支払った選手」トップ10

なお、アントニオ・プエルタとホセ・アントニオ・レジェスはラモスと同じくセビージャで育成された選手だったが、2人はともに亡くなっている。

プエルタは2007年の試合で心停止を起こした後に22歳の若さで死去。ラモスはプエルタがスペイン代表でつけた15番をその後ずっと背負い続けた。

また、レジェスは2019年に自動車事故のために35歳で逝去。ラモスは2人のためにという思いも抱いているようだ。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら