ドーピング検査でテストステロンの値に上昇が確認されたため、暫定的な出場停止となったユヴェントスMFポール・ポグバ。

『La Gazzetta dello Sport』によれば、ポグバが友人である医師から勧められてアメリカで購入したサプリメントが原因だという。

アメリカとはドーピングに関するルールが異なるほか、この医師はユーヴェとは関係のない人物だそう。

ポグバは昨日になってクラブのメディカルスタッフとの間で合意していない物質を摂取したと伝えてきたそうで、ユーヴェは何も把握しておらず寝耳に水だったとのこと。そのため、意図的ではなかったと証明しなければならないのは、クラブではなくポグバになる。

【関連記事】ポグバも…ユヴェントスが「0円で獲得した最強イレブン」

ユーヴェはポグバとの契約解除を検討しているとも伝えられている。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら