J1ガンバ大阪は6日、今月17日午後7時10分にノエビアスタジアム神戸(兵庫)で日本代表と対戦するチュニジア代表にFWイッサム・ジェバリが招集されたと発表した。

今季J1で25試合5得点3アシストの結果を残すストライカーがチュニジア代表に選出された。代表チームでは13試合2ゴールの成績であり、6月に開催されたアルジェリア代表との親善試合以来の招集となった。

Jリーグでは185センチの高身長を生かしたポストプレーや強力なヘディングに足元の技術も優れているため、様々な局面で前線からチームを支えている万能型フォワードだ。

またジェバリは自身のオフィシャルX(旧Twitter)アカウントを更新し、日本語で招集を感謝した。

サポーターは「怪我なく頑張ってください」、「おめでとうございます!ガンバってください」、「やったぜジェバリ!怪我しないでね」と背番号11の代表招集に沸いていた。

【関連記事】ローン移籍“地獄”を抜け出し「成功者」となった5名

神戸で日本代表と対戦するチュニジア代表でジェバリのゴールが見られるのかに注目したい。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら