先日ドーピング検査でテストステロンの陽性反応を示したポール・ポグバは、2年間の出場停止処分が課せられる可能性が高いようだ。

『Gazetta dello Sport』によれば、8月下旬のサンプルで禁止薬物が検出されたポール・ポグバの状況をレポートした。

ポグバには最長で4年間の出場停止処分が言い渡される可能性があるが、これは被告側が責任を認めなかった場合に限る。

規定において被告が責任を認めた場合にはそれが半分に軽減されるため、おそらくポグバには2年間の出場停止処分が言い渡されるものと考えられているようだ。

ポグバには2つの選択肢があり、一つはこのまま罪を認めて世界反ドーピング機構に協力し、2年の出場停止を受け入れること。もう一つはスポーツ仲裁裁判所に訴えを起こし、法廷での戦いにすべてを賭けること。

反ドーピング機構は今後10日以内に捜査の結果を通知するとのことで、ポグバにはそれから20日間の猶予が与えられ、その間にどちらの道を選ぶかを決めなければならないそう。

もし裁判に望む場合には、それから40日以内に公聴会が行われることになるそうだ。

【関連記事】ユヴェントスで「給料が高すぎる選手、安すぎる選手」。ポグバ、ダニーロ、コスティッチ…

現在ユヴェントスから離れ、かつてクリスティアーノ・ロナウドが住んでいた家でパーソナルトレーナーとともにトレーニングを続けているというポグバ。果たして今後の行動はどのようなものになるだろうか。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★