プレミアリーグでプレーするアーセナルの日本代表DF冨安健洋。

代表では味方になるブライトンFW三笘薫ら名立たるアタッカーたちと対峙してきた。

その冨安は影山優佳さんと対談したABEMAの番組でこんな話をしていた。

影山:敵としての三笘選手は?

冨安:たぶん、マッチアップしたのは1回くらいしかないんでしょうけど、その時に感じたのはオフザボールの動きですね。

ドリブルが注目されがちですけど、そのドリブルができるのも、薫くん自身にとって有利な状況でボールを受けれているから、あのドリブルができるって僕は思っていて。

どんどん裏を狙ってくるし、常に背後を狙われている意識はあって、それは感じましたね。

(対戦したなかで嫌だった選手は)

冨安:誰だろうなぁ…。薫くんはそのなかに入ってくると思います。

去年、一番印象に残っている選手でいったら、グリリッシュ選手。

(彼以外にも)名前も知らないようなウィングですら、かなり能力が高いのでプレミアリーグは。毎試合毎試合ちゃんと気を引き締めてやらないとって感じです」

冨安は、三笘がドリブルを仕掛ける前に見せるオフザボールに凄さが隠されていると感じているようだ。

【関連記事】三笘薫、ネイマール、グリリッシュ!現世界最強の左ウィング10人

そして、対戦して嫌だったウィングは、マンチェスター・シティで10番を背負うイングランド代表FWジャック・グリリッシュだそう。

彼以外にも強烈なウィングがひしめいているので、プレミアリーグでは気が抜けないとのこと。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら