リヴァプールのエースに君臨してきたエジプト代表FWモハメド・サラー。

『Sky Sports』のインタビューで、オンラインのチェスゲームにハマっていることを明かした。

「チェスをプレーしているんだ。ハマっているよ。(オンラインで)毎日やっている。

(対戦相手はコンピューターではなく人で)自分の名前は言わないけれど、名前と数字が表記されているので、あのサラーなの?って聞かれるよ。

イエスと答えるけれど、信じてくれないね(笑)ウソだと言われるので、『ウソだよ』って返すんだ(笑)

僕はうまいほうだよ。マグヌスではないけどね。マグヌス相手なら誰にもチャンスはないけれど、いつか対戦してみたいね」

チェスをする写真をSNSに投稿したこともあるサラーのイロレーティングは1400ほどだとか。

マグヌス・カールセンは世界一のチェスプレイヤーで、今月の国際チェスレーティングは2829。そのカールセンはチェスにハマっているというサラーの告白にSNS上で拍手の絵文字を送っている。

【関連記事】世界トップレベル!南野拓実の「同僚ベストイレブン」がエグい

ちなみに、日本のサッカー選手では遠藤保仁や中村航輔らが将棋を好んでいるとされている。

【厳選Qoly】意外すぎる「クラブでリーグ優勝したことがない」世界最強選手たち

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら